2020-01-03

謹賀新年


2020年が始まりました。
あけましておめでとうございます🎍

毎年、元旦に食べるお雑煮。
もう何年も姉が作ってくれていましたが
今年は私が担当しました。



父や母が関東出身というわけでもないのに
子供の頃からなぜか我が家のお雑煮はすまし汁で
関西は白味噌仕立てが基本ということを
ずいぶん大人になってから知りました。

作る地域や家庭によっても
お雑煮の味は千差万別なんでしょうね~



年賀状は今年もアイシングクッキーで作りました。





去年のおせちバージョンに続く第二弾は
だるまと獅子舞。
ねずみはかわいく作れる気がしなくて辞めました



この作業をするために大掃除など年末の諸々を後回しにしましたが
何とか作ることができて自己満足です!


今年も今ある日々に感謝して
その時その時間を大切に過ごしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします(..◜ᴗ◝..)

2019-12-30

ガラスのオーダー建具


いよいよ明日は大みそか。
昨日と今日は最後の大掃除をしていました。

去年のリフォームで作ってもらった建具も
せっせと拭き掃除。
3種類ありどれにもガラスが使われているので
ガラス専用シートを使って両面を磨きます。

廊下からリビングに繋がる引き戸には
100×80cmのクリアガラスがはめ込まれています。




戸を閉めていてもリビングの様子が丸見えなので
人によって好みが分かれそうですが
私は大きなガラス窓に憧れがありました✨



こちらはウォークインクローゼットの開き扉。




できるだけ木枠を細くガラス面積を大きく
作っていただきました。
中に吊るされた洋服が外側から見えても意外と気にならず
むしろ閉塞感が減った分、明るく広く感じます。


取っ手は施主支給品で取り付けてもらった、
上手工作所さんの鉄のドアハンドル。



大きさや重さ、設置面積や使える釘の長さなど
取り付けられる条件がかなり限られていたので
取っ手探しには苦労しました。

金物のパーツや木工品、家具や照明など
素敵な商品がたくさん揃っているので
また何かあればお世話になりたいと思います。



それと玄関からすぐの土間と廊下を隔てる仕切り壁。




最初はもう少し格子を小さくして全面ガラスにするつもりだったのですが
玄関から近いこともあり何か大きな物を搬入する時など
万が一ぶつかって割れたりする危険も考慮して
床から80cmの高さまでは板張りにしました。
結果、土間に置いている物も程よく目隠しされ、
友達が小さな子供を連れて遊びに来た時なども安心です。


リフォームで間取りを変えるにあたり
既製品では寸法が合わないという理由で
建具をオーダーで作ってもらう事になってから
完成するまで長い道のりでした。

縦横の大きさ、ガラスの配置、格子の太さや形、
モールディング(彫り込み装飾)のデザインなど
こちらのイメージを画像やイラストでお伝えし
職人さんと安全面や耐久性の相談をしながら
打ち合わせを重ねてやっと完成したものなので
とても思い入れがあります。

搬入されて初めて形になった姿を見た時は
感動ものでした。




塗料も600色以上あるカラーチャートの中から
悩み抜いて選んだ1色。




見本の小さな面積ではイメージが湧きにくく
建具全面に塗った場合どんな感じに仕上がるか心配でしたが
塗装された実物を見てこの色にして良かったと改めて思いました。



光の当たり方によってブルーに見えたりグレーに見えたり。
電球色の照明の下ではグリーンがかって見えたりもします。
マット仕上げなのでどこかシャビーな雰囲気もあり
何色とも言い難い色味が気に入っています。

ガラスの拭き掃除は面倒ですが
それ以上に愛着のある建具たちです。



+ + + + +



平成から令和になった2019年も色々なことがありましたが
家族ともに元気で過ごせたことに感謝したいと思います。

歳を重ねるにつれ、何でもない日常の有難さが
身に染みるようになってきました。
病気や事故、災害などに見舞われることなく
平穏無事に暮らすことができれば
それ以上のことはないなぁと感じます。

どうぞ皆さまも健やかに新年をお迎えください。
今年も拙いブログにお付き合いいただきまして
ありがとうございました( ˊᵕˋ )



2019-12-23

12月のイルミネーション


街の電飾が気分を上げてくれた12月も
残りわずかとなりました。






イルミナイト万博。






家の中を和ませてくれていたツリーの出番もあと3日。
今年はオーナメントを1つだけ買い足しました。



コッパーとホワイトでペイントされた
シンプルなウッドボールです。
アクタスで300円ほどでしたが重量感もあって
その3倍くらいのお値段に見えます


木製のオーナメントが多い我が家のツリーに
仲間入りした瞬間からすっと馴染んでいました。





昨夜は姉とM1を見ながらお鍋とケーキを食べました。
ちょっとしたクリスマスプレゼントとして
選んだのはこちら。



フリスビーをくわえたような犬がユニークな
ボトルオープナーです。
木とステンレスでできていて口の部分がマグネットになっています。
置いておくだけでもかわいいキッカーランドの商品。


23日も平日となった今年は
実質的にこの週末がメインだったように感じますが
子供達はやっぱり25日の朝なんでしょうね~

どなたもHappy Holidays!
楽しいクリスマスをお過ごしください🎄



2019-12-04

関西蚤の市


ぐっと気温が下がり布団から出るのが辛くなってきましたが
早起きして関西蚤の市に行ってきました。




兵庫県宝塚市のJRAで年に1度開催される
関西最大規模の蚤の市。

広い敷地に見きれないほどの出店が並びます。




古道具や雑貨、本、服やアクセサリー、家具、キッチン用品、おもちゃに文具、
人気カフェのフードや花マルシェ、ワークショップやライブステージなどもあって、
大勢の人で賑わう会場は1日居ても足りないくらいでした。






楽しみにしていた豆皿市も見ごたえがありました。




有名ブランドから作家さんの作品まで
ずらりと並べられた豆皿と豆花器は女性に大人気。



あれこれ目移りして選びきれませんでしたが
見ているだけでもワクワクします。




一番のお目当てだった北欧市では
イッタラやアラビアなどのヴィンテージ品も豊富に揃っていて
気になるものがたくさんありました。

物色するのに必死すぎて写真を一枚も撮っていないのですが
迷った末にアラビアのエッグ・キャンドルホルダーを購入。


右は1975年~1981年のRosmarin(ロスマリン)
左は1975年~1978年のOtso(オトソ)

別々のお店で1つずつ買ったのですが
どちらもシリーズ名とその年代を書いたシールを貼ってくれていました。

ヴィンテージ品は商品の状態はもとより、
生産されていた期間が短いほど高値がついていたりと
希少価値によって値段が変わってくるので
色々と見比べてみるのも面白いです。


気になるものを見つけて手に取ると
まず裏返して刻印を確認したくなります。




底にある刻印(バックスタンプ)は
年代と共にデザインが移り変わっているので
刻印の種類によってそれがいつ頃作られたものなのか
調べたりするのも楽しみ方のひとつ。

店員さん曰くアラビアのキャンドルホルダーは
買いつけに行くたび見たことのないデザインと出逢うそうで
ベースは同じで絵付けが年代によって違うものが無限にあるのだとか。

コツコツ探し集めて少しずつコレクションするのも楽しそうだなぁ
と、収集癖がまた顔を出す…笑


せっかくの機会なので阪神競馬場の雰囲気も
見学がてら楽しんで帰りました。




さてさて。
あっというまの12月ですね。
何かと忙しくはなりますが今年最後の1か月も
元気に楽しく過ごしたいと思います。

2019-11-30

窯元もみじ祭


秋も深まった11月の土曜日。
京都の東福寺近くで開催される、
「窯元もみじまつり」に行ってきました。




清水焼が特価販売される陶器市で
去年は雰囲気だけ満喫して帰りましたが
今年は器をひとつ買って帰りました。




金のラインと鶴が素敵な絵付け皿。

自分にとっての掘り出しものと出逢える楽しさも
こういうイベントならではです☺


スタンプラリーをまわって何かひとつお買い物をすると
ガラガラ抽選が一回まわせるという事でやってみたところ…




コロンと出てきたのはなんと1等の玉👀

賞品は焼き物で一等の品としていくつか用意された中から
好きなものを選べたので、こちらの花瓶をいただきました。


お正月に千両などを活けても映えそうです
おはじきみたいな模様もかわいい♪

ジャンケンやくじ引きなどあらゆる運試しに弱い私は
てっきり白色の玉が出ると思っていたので
色つきの玉が出た瞬間、目を疑いました

和テイストのフラワーベースは持っていなかったので
これから大いに活躍してくれそうです。


お茶をしに「梅香堂」へ。



東福寺から歩いて10分ほどにある甘味処で
もう何年も前に京阪電車のフリーペーパーに掲載されていたのを見てから
いつか行きたいと思っていたお店。


というのも、人気メニューとして紹介されていた小倉ホットケーキを
一度でいいから食べてみたかったのです!



このボリュームと見た目のインパクトに心揺さぶられました
念願叶ってお腹も心も大満足。


秋のお出かけその2「関西蚤の市」へと続きます。

2019-11-07

週末の焼き菓子


気持ちのいい秋晴れが続いていますね~
先週末も行楽日和の連休でしたが
どこにも出かけずインドアな休日を過ごしていました。

そこで久しぶりの週末の焼き菓子。



黒豆のクランブルケーキです。


型に生地を流し込んで黒豆の甘露煮を敷き詰めたら
まずは細かいクランブルを黒豆の隙間を埋めるようにまぶして
その上から大きめの塊をゴロゴロとのせていきます。



細かいクランブルには黒豆の水分を吸ってもらう役割があり
大きなクランブルは焼くとクッキーのような
サクサクとした食感を楽しむことができます。


前に一度作ったら豆好きの姉に好評だったので
また差し入れに持って行きました。


アーモンドプードルをたっぷり使ったしっとりめの生地と
クランブルの食感がおいしいベイクドケー キです( ღ'ᴗ'ღ )


連休は家でゆっくりするつもりだったのに
掃除、洗濯、炊事に植物の世話、寝具や衣類の衣替えなどなど
家に居たら居たでやることは尽きず💦
結局読もうと思っていた本を1ページもめくることなく
終わってしまった3連休でした。

2019-10-31

食べる週末


無性に揚げものがしたくなって
休みの日に大量にコロッケを作りました。



後片づけの大変さについ敬遠してしまって
家で揚げもの料理は滅多にしないのですが
久しぶりにすると楽しいな~
揚げている時の音がもうすでにご馳走でした。


近くの家族にたくさんおすそ分けして
自分の口に入ったのは3つ。



家で作るコロッケはどこか懐かしい味がして
お惣菜屋さんやお店のコロッケとは
また違ったおいしさがあります。



土曜日は梅田阪急の催事に行ってきました。


無類のあんこ好きには見過ごせない催しです


お持ち帰り用など見て回るのも楽しいですが
やっぱり醍醐味は会場で食べられるスイーツ♪


芋ようかんやあん玉など舟和本店の名物をトッピングした
”舟和ぜんぶのせパフェ”をいただきました。


同じフロアでケーキショーも同時開催していて



私のお目当てだった「あんエリア」より
出店数も人の数も多くて大盛況でした。


選びきれないほどのケーキが並ぶ中、
会場で目を引いていたのがこちら。


普段なかなか食べられないシャインマスカットが
惜しげもなく山盛り!
この見た目のインパクトに長い列ができていました。

ここしばらく食欲が暴走中なので
クリスマスや年末年始がやってくる前に
一旦リセットしなければ…と思いつつ
できるような気がまったくしない食欲の秋です。