2014-03-23

男のキッチン!

 

男のキッチンへの道

 
引っ越しと同時にどうしてもしたかったのが
キッチンの入替リフォームでした。
 
ショールームを巡り巡って
工務店さんとも相談を重ねながら、
たどり着いた理想のイメージは
「男のキッチン」
 
 
“カッコよく” を意識しました。
 
 
メーカーは、18-8ステンレスを売りにしている
クリナップS.S.シリーズ。
 
ウッドワンの無垢の感じもよかったのですが、
耐久性などを考えても
水回りはステンレスが安心という結論に。
 
18-8ステンレスはカビやニオイが付きにくく、
木材に懸念される反りや変色の心配もありません。
 
欲を言えば、モダンでハイセンスな
「トーヨーキッチン」が理想でしたが、
超高級メーカーのため早々に断念。

 
それでも理想のキッチンに近づけるべく、
色味は黒やシルバーを基調にしています。
 
 
 
 
リフォームでは本体以外にも、
クロス・床・照明器具と全面を取り替えました。
 
“陽射しの届く明るいキッチン”とはいかず、
どうしても閉鎖的になってしまう間取り。
 
それならここだけは異空間にしよう!と
クロスはコンクリート、床はダークグレー、
キャビネットはグレー×シルバーを選択。

 
照明も、長い棒状の蛍光灯でしたが
ダウンライトに変更してもらい、
スクエアの黒枠、調光機能付きにしました。
 
 
 
 
マンションの規制で、
配管や電線などの可動範囲に限度があったり…
 
電気容量の関係で、
設備機器の取り付けに影響があったり…
 
 散々悩んで、調べて、
時間を費やしたキッチンリフォームでしたが
今ではお気に入りの空間。

 
家の中でいちばん愛着のある場所です^^