2014-09-20

ビアレッティ

 
 

直火式エスプレッソメーカー 

 
イタリアといえばエスプレッソ。
エスプレッソといえばビアレッティ。
ということで、
旅先で必ず買いたいお土産のひとつでした。




蒸気圧でコーヒーを抽出する器具で
総称マキネッタと呼ばれているもの。
その世界シェアを誇るのがビアレッティ社。

エスプレッソ大国のイタリアでは
ビアレッティが一家に1台あると言われていて、
大阪で言うなれば、たこ焼き器のようなものでしょうか(笑)。

 
日本ではシルバーのモカエキスプレスというシリーズが
ポピュラーで、ちらほら目にします。

画像お借りしました



フリータイムで見つけたビアレッティ専門店では
珍しいデザインがたくさんありました。
選んだのはダマの無難なブラックですが、
パッケージにNewと記載されていたもの。

 

一緒に専用の挽き豆も買いました。


レジで、追加で20セントと言われた紙袋。
 


ある意味このショッパーこそレアかも…
と、持って帰ってきました(笑)。


 
淹れ方はとても簡単で、
下部のポットにお水、バスケットに粉を入れ、
上部をセットしたらコンロで火にかけます。

 


五徳のサイズが大きく不安定なので、
ガスバーナープレートを敷いています。
 
 
 
 
ゴボゴボという音がしなくなれば抽出完了。 
抽出されたコーヒーは上部に溜まる仕組みです。
 
できあがりは、いかにも濃そうな色
 
 
地元洋菓子店の大好物をお供に…至福の時♪
 
 
 
 
美味しいエスプレッソを家でも飲みたくて、
ずっとネスプレッソのコーヒーメーカーを迷っていましたが


画像お借りしました

しばらくはこのマキネッタで満足できそう。

 
全自動エスプレッソマシンの掃除の手間や、
ネスプレッソのカプセルにかかるコストを考えると
この直火式が一番良いのかも…
クレマはできませんが、まさに家庭用の手軽さ。
 
ちなみに、洗う時は水のみでOK。
鉄臭さを無くす為だそうですが楽チンです。
片づけが楽だと気軽に飲もうと思えます。


 
夏はアイスにかけたり・・・

 
これはお店のアフォガートのように美味!
濃いモカと甘いバニラがよく合います。

 
本場ではエスプレッソにお砂糖たっぷりが主流。
どこでもテーブルの上には、
山盛り積まれたシュガーが置いてありました。
 
カフェでコーヒーを飲みながら寛ぐ習慣があまりなく、
バールでクイッと立ち飲み、サッと立ち去る。
その分、一日に数回その休憩タイムをとるそう。
そしてエスプレッソは1杯100円未満と安価。
 
そんな背景もあってか、イタリアには
あのグローバルなスタバが一店舗もありません。
ご当地タンブラー収集家としては、
なんとも残念な衝撃的事実でした(笑)。
 
ビアレッティはその代わりも兼ねた記念の品。
大切に使い込んで年季を入れようと思います^^



 

0 件のコメント:

コメントを投稿