2014-04-05

コンポート作り


手づくりコンポート

 

 
風邪をひきやすく、ここ数年インフルエンザも
毎年かかる有り様でした。
 
ウイルス撃退効果で反響中のR-1ヨーグルトを
ヨーグルトメーカーで増量できると聞いてからというもの、
毎日欠かさず食べるようにしています。
 


 
その延長で、コンポートを手づくりするようになりました。
 
愛用アイテムは、野田琺瑯と無印の耐熱スパチュラ。

無印のシリコーンシリーズは、
継ぎ目がなく衛生的でスタイリッシュな黒。
菜箸も同じシリーズを使っています。

野田琺瑯はホワイトシリーズのラウンド14cm。
お鍋兼、保存容器として使えるので、
火にかけて粗熱がとれたら蓋をしてそのまま冷蔵庫へ。
一連の流れをこれひとつででき、洗い物も少なく済み便利です。


今の時期はやっぱりイチゴ!
お砂糖をまぶし一晩おくと果物から水分が出てくるので

 
 
お水は加えずそのまま火にかけていきます。




コトコト弱火で15分ほど煮詰めると
一度色が抜け白っぽくなり、
更に10分ほどすると再び色が入っていきます。

 

家中に甘酸っぱい香りが広がります
 
 
 
できあがり^^
 
 
煮詰めすぎるとジャムになってしまうので、
あくまで実が残る段階で火を止めます。

レモン汁を加えたり灰汁を取り除くと
仕上がりの見栄えもよくなります。


ヨーグルトとの相性は抜群



金柑でも。




苺に比べて一晩漬けても
あまり水分が出ませんが、煮詰めていくと



実がカチ割れて、どんどん果汁が出てきます。
 
 
 少し長めに煮詰めて完成。
 
 
甘さ控えめのさっぱり味です。
 
 
 
野田琺瑯の14cmはヨーグルトの容器と
ほぼ同じ大きさなので、重ねて冷蔵庫にしまっています。

 
そしてこのサイズだと苺なら1パック、
他の果物もだいたい300g程度が入り、
コンポートのおおよその期限である1週間で
食べきれる量を作るのに最適。

ただしラウンド型は密閉蓋が作られておらず
シール蓋は完全密封ではありません。

保存面では、お砂糖の量も関係します。
本来は果物の総重量の50~60%が基本ですが
それはもうかなりの量 (*_*)

私は約30%にしていますが、
それでも十分甘くて美味しいです。


旬の果物を使って季節ごとに楽しもうと思います^^